□Diary in AU□
AustraliaのMel在住早10年目、趣味・特技は各種申請手続き。英語は日々精進、座右の銘は「人生崖っぷち」
Profile

ふぢ

Author:ふぢ
G'day mate!(・∀・)ノ



黒ねこ時計 くろック C01



Calender



Latest entries



Recent comments



Archives



Categories



Counter



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Link

このブログをリンクに追加する



Search



RSSFeed



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


過去日記その13
※タイマー投稿でございます。
只今日本に帰国中。
戻ってくるのは4月の8日です。
それまでレス出来ません(m´・ω・`)m ゴメリンコ…

***************************************************
※ワタクシの体験談じゃごじゃりません(・∀・)

当時遠距離恋愛していた彼女に逢う為、飛行機に乗ろうとした時の事。
搭乗手続きをしてから荷物を係員のお姉さんに渡した時、

「金属検査してもよろしいですか?」

と聞かれた。
別に刃物や麻薬が入ってるわけでもないのでその時点では何も考えずに

「あー、いーですよ」

とOKしたら金属探知機がピコピコ鳴り出した。

「お客様、こちらへどうぞ」

なんて言われる。初めての体験なのですごく焦った。
頭の中で荷物の中身を考える。 着替えとお土産と・・・
何も鳴るはずがない・・・
あ、思い出した!
前回彼女が来た時にうちに忘れていったピンクローターが入ってる!!
一気に血の気が引く。

「中を確認してもよろしいでしょうか?」

と聞かれてももちろん断ることもできない。
カバンを開いて

「あーこの手帳の金具が反応したのかな?」

なんてごまかすように自分でガサガサやってしまい、怪しさ200%である。

「こちらで見ますのでー」

とお姉さんが僕を制止しようとしたその瞬間、
僕の手はローターのスイッチを触ってしまった。

ガガッガガガガガガッ!

最悪の不審物が紙袋の中で動き出した。

「あっ、あのっ、あのっ、携帯が、携帯がっ」

支離滅裂のフォローをするが万事休す、
お姉さんに紙袋を開けられてしまった。
お姉さんは冷静な声で

「もう結構ですから行ってください」

と言いつつもすごく冷たくてきつい視線だった。

FC2 Blog Ranking 柏原芳●にもそんな疑惑あったわね(・∀・)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。